自分で手作り!デオドラントスプレー

手作りしようとするエプロンの女性

最近ではコスメ等も自分で手作りする人が増えています。
デオドラントスプレーだって自分の好みのものを手作りすることができますよ。
嘘みたいに簡単に作れてしまうデオドラントスプレーのレシピを紹介します。

 

≪重曹とエッセンシャルオイルで作る簡単デオドラントスプレー≫
〈材料〉
・重曹 小さじ1杯
・水 100ml ※水道水で大丈夫です。
・精油(ラベンダー) 3滴
・精油(ペパーミント) 1滴 ※お好みの精油で代用出来ます。

〈作り方〉
・スプレー容器を用意して、水と重曹を入れよく混ぜ合わせます。
・ラベンダーとペパーミントの精油を入れ更に混ぜて、常温で1日置いたら出来上がりです。

 

※注意事項
・材料の精油(エッセンシャルオイル)は植物由来のものを使ってください。合成のものでは手作りの意味がありません。 
・作って1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。(精油は水に解けないので軽く振ってから使ってください。)
・精油はプラスチックを溶かす作用もあるので、容器はガラス製のものを使うようにしましょう。

 

精油(エッセンシャルオイル)はアロマテラピーの店やオーガニックコスメの店、通販などでも手に入ります。
市販のデオドラントスプレーを使う前に、手作りスプレーを試してみるのもいいかもしれませんね。

意外と簡単、手作りデオドラントクリーム

 

デオドラントクリームを手作りするってなんだかとっても難しそう…、いえいえそんなことはありません。
ボウルに材料を入れて混ぜるだけ、お料理するより簡単に作れます。

 

肉食文化で体臭が日本人よりきつい外国では、自家製のデオドラントクリームのレシピが多数存在します。
ココナッツオイルを使ったデオドラントクリームのレシピもその1つです。
日本でもブームになり、今では結構簡単に手に入る材料ですね。
ココナッツオイルの抗菌作用がわきの雑菌繁殖を抑えるのに効果があると言われています。

 

≪バージン・ココナッツオイルを使った手作りデオドラントクリーム≫
<材料>
・重曹 1/4カップ
・アロールーツ粉 1/4カップ ※
・バージン・ココナッツオイル 小さじ4杯
・エッセンシャルオイル(ペパーミントオイル等お好みのものを) 小さじ1/2杯

 

作り方は、材料を好みの固さに粉の量を調節しながら混ぜますが、重曹とアロールーツ粉が1対1になるようにして下さい。
容器に入れて2年ほど保存可能です。使い方は、適量を指に取り臭いの気になるところに使います。

 

※アロールーツ粉は、グルテンを摂れない人のコーンスターチの代用品です。
米国では普通に売られている商品ですが、日本では手に入りにくいかもしれません。
アロールーツ粉と同じ糊状になる片栗粉・米粉・餅粉・葛粉などで代用できます。

 

とっても簡単に作ることができるので、ぜひ1度試してみてください。

 

デオドラントスプレーとデオドラントクリーム、自分に合うほうを選びましょう!>>