使わなくなった消臭クリーム・消臭スプレーの捨て方教えます。

お教えします!と指をさす女性

みなさんは使い終わった消臭クリームや消臭スプレーの容器どうしていますか?
もちろん使い終わったら捨てないと、ゴミが溜まってしまいます。

 

使い切った容器は捨てやすいのですが、中身が残っていた場合の正しい捨て方って意外と知らない人が多いんです。
ということで、消臭クリーム・消臭スプレーの正しい捨て方を説明します。

 

<消臭クリーム>
大抵の消臭クリームの容器はプラスチック製だと思われます。その場合は「燃えるゴミ」として出せます。
容器の種類が分からない場合は、「燃やせないゴミ」として出しましょう。
中身が残っている場合は、不要な紙などにクリームを出してから捨てましょう。

 

<消臭スプレー>
どのスプレー缶にもいえることですが、スプレー缶は飲料用の缶や缶詰とは違いますので一緒には出せません。
スプレー缶は、・電池・蛍光管・などの危険・有害ゴミに分別されます。

 

エアゾール製品には、可燃性の成分が含まれています。
中身が残っている状態でゴミに出すと、ゴミの回収車やごみ処理施設で火災や爆発の原因となる場合があります。
そういったことを防ぐためにも中身は必ず空にする必要があります。

 

スプレー缶を捨てるときは、火の気のない屋外で風下に向かって人にかからないようにし、「シュー」という噴射音がなくなったのを確認してから捨てましょう。
製品によっては、缶の中に残っているガスを簡単に出すためのガス抜きキャップがついているものもあるので、利用しましょう。
市町村によって若干の違いがあるかもしれませんので、住んでいる市町村の方法を確認して下さい。

消臭スプレー・消臭クリームはなるべく早くに使い切りましょう。

 

消臭スプレー消臭クリームにも使用期限はあるのでしょうか?
効果的に使うためにも、使用期限があるのだったら守った方がいいと思いますが、でも期限ってどのくらいの期間なのでしょうか?
消臭スプレーや消臭クリームの使用期限についてお話します。

 

<消臭クリームの使用期限>
一般的に未開封状態で2〜3年、開封後は半年〜1年以内には使い切った方がいいです。
各メーカーによって違いがあるのですが、大体このぐらいだと思って下さい。(消臭成分が劣化するというよりクリームが劣化するようです。)
ほとんどの消臭クリームが1本で1ヶ月分なので、毎日1回だけ使っても期限内に使い切れる量になっています。

 

<消臭スプレーの使用期限>
消臭スプレーは、使用期限を書かなければならない決まりはありません。
国内のメーカーのものであれば、高温や多湿などの環境の悪い状態で保存していないことを条件に、
未開封状態なら3年ほどは問題なく使えるように設計されています。

 

しかし、開封後はなるべく早く、出来れば購入したシーズン中に使い切ることを、各メーカーともすすめています。

 

消臭スプレーや消臭クリームは食べ物ではないにしろ、皮膚に直接つけるものです。
こわごわ使うよりは、毎日安心して使えるように使い切れる量を購入したいものですね。

 

消臭スプレーと消臭クリーム、どっちがおすすめ?>>